円周率計算(ATAN 2項級数)

円周率π をatanの二項級数からなる各種のATAN公式で計算します。

計算公式

前回と今回の値が等しくなると終了します。演算桁数を大きくするとπの精度も向上します。

17世紀の微積分学の発達で、多くの数学者がatan(x)の級数展開手法で円周率の計算に挑戦しました。
簡易なライプニッツの級数 atan(1)は収束が悪く1000回の計算でも2桁精度でしたが、その後多くの加速公式が発見されました。


    円周率計算(ATAN 2項級数)
    [1-1] /1件表示件数
    BACK NEXT
    [1]  2009/12/03 09:36   男 / 50歳代 / 無職 / 役に立った /
    使用目的
    ボケ防止に

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 円周率計算(ATAN 2項級数) 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信