経済の計算

ライブラリ名概要
国民所得 国民所得とは、国民全体が得る所得の総額のことです。 国内総生産が国内で生産された付加価値の総額であるのに対し、国民所得は、国民が貰う収入から計算したものです。
名目値と実質値 名目値とは、実際に市場で取り引きされている価格に基づいて推計された値。実質値は、ある年からの物価の上昇・下落分を取り除いた値のこと。
経済成長率 経済成長率とは、ある経済の活動規模の成長率をのことです。
GDPデフレーター GDPデフレーターは、物価上昇による名目値の膨張分を除去する際に使われる価格指数で、国内で生産されたすべての物やサービスの(輸入原材料の価格を除いた)付加価値の価格水準を示す指数です。
需要の価格弾力性 弾力性とは、変化率の比のことです。需要の価格弾力性とは、価格の変化率に対する需要の変化率を表します。
比較優位説 比較優位説は、リカードが提唱した外国貿易および国際分業に関する理論。一国の各商品の生産費の比を他国と比較し、優位の商品を輸出して劣位の商品を輸入すれば双方が利益を得て国際分業が行われるという説。
信用創造の理論 信用創造は、銀行が預金と貸し出しを連鎖的に繰り返すことで預金通貨が増えていく仕組みのことです。 銀行は、預金の一定割合の現金を日本銀行に預ける(手元に残す)法定準備預金が義務づけられています。
乗数効果 乗数効果とは投資や政府支出などの変化が波及し最終的には何倍かの変化を生み出す効果のことをといいます。