比較優位説

比較優位説は、リカードが提唱した外国貿易および国際分業に関する理論。一国の各商品の生産費の比を他国と比較し、優位の商品を輸出して劣位の商品を輸入すれば双方が利益を得て国際分業が行われるという説。

比較優位説
品目を1単位作るのに必要な労働 単位:人
ポルトガル:ブドウ酒<毛織物
イギリス:ブドウ酒>毛織物
ブドウ酒>0、毛織物>0
 
※計算結果や情報等に関して当サイトは一切責任を負いません。また個別相談は一切対応しません。

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 比較優位説 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信