BMIと適正体重

体重と身長の関係から肥満度を示す体格指数(BMI)と適正体重を計算します。

BMIと適正体重
身長
cm
体重
kg
 
計算式
 BMI= 体重kg ÷ (身長m)2
 適正体重= (身長m)2 ×22


本計算は大人用です。子供は 子供の肥満 をご覧下さい。
BMI指数は、22の時に最も病気になりにくくなります。
肥満度が高くなると、生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症等)の確率が高くなります。
※計算結果や情報等に関して当サイトは一切責任を負いません。
また個別相談は対応しません。



補足説明:

BMI(ボディー・マス・インデックス)は、体重と身長の関係から人の肥満度を示す体格指数です。
[歴史]
1835年にベルギーのアドルフ・ケトレーは、統計手法を導入して、人の身長に対して適正体重と実際体重を比較するボディマス指数(BMI)を提案しました。
[指標の意義]
肥満の正確な測定が困難であるため、簡便的にBMIがよく使用されます。またBMIと体脂肪率の間には、たいていの場合、相関が認められます。
[判定基準]
計算方法は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なります。
日本肥満学会では、統計的にもっとも病気にかかりにくいBMI指数22を標準体重として、25以上の場合を肥満、18.5未満を低体重としています。

日本肥満学会の判定基準(成人)
指標判定
18.5未満低体重(痩せ型) 
18.5〜25未満 普通体重
25〜30未満肥満(1度)
30〜35未満肥満(2度)
35〜40未満肥満(3度)
40以上肥満(4度)

【 BMIと適正体重 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信