江戸時代の時刻換算(不定時法)

江戸時代に庶民が使用した時刻表現(不定時法)を現代の時刻に換算します。

江戸時代の時刻換算(不定時法)
時期
    1. (二十四節気)

江戸時代の時刻換算(不定時法)
・不定時法とは日の出日の入を元に決め、太陽高度が-7.36度の時を明け六つ、暮れ六つとした。
・明け六つから暮れ六つの間を6等分して昼の一時(いっとき)、夜の一時とし、季節や場所により長さが変わった。
・当ライブラリーは季節を二十四節気区分で、場所を江戸両国辺りで計算しています。
・現代時刻との換算は、当時の年代によって諸説があり異なる場合があります。

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 江戸時代の時刻換算(不定時法) 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信