IS-LM分析に関連した計算をします。その2    実行数: 86

IS-LM分析に関連した計算をします。
完全雇用国民所得を達成するために必要な追加的財政支出の大きさを計算します。

モデルはY=C+I+I、C=C0+c(Y-T)、T=T0+tY、I=定数項+r項、L=定数項+Y項+r項、L=M/Pとします。比例税の税率tは8%は0.08、20%は0.2と入力します。
財政政策前の財政支出
    1. 0以上の数値を入力します。
消費関数定数項
    1.  (基礎的消費、独立消費)
限界消費性向
固定税
    1.  (一括税とも)
比例税の税率
    1.  0以上1未満の数値を入力します。
投資関数定数項
    1.  I=~の式の定数項
投資関数利子率依存項の係数
    1.  rの係数。符号に注意。特に負号。
貨幣需要量の記述式の定数項
    1. L=~の式の定数項
貨幣需要量の記述式の国民所得依存項の係数
    1. L=~の式のYの係数
貨幣需要量の記述式の利子率依存項の係数
    1.  rの係数。符号に注意。特に負号。
名目貨幣需要量
    1.  M。(Pで割ったものは実質貨幣需要量)
物価水準
    1. P
完全雇用国民所得

完全雇用達成に対する政府支出不足分
    1.  
    2. 完全効用国民所得を達成するため追加で支出する財政支出の大きさです
R5(2023).07/09(sun)_IS-LM_002
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    IS-LM分析に関連した計算をします。その2
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。

    送信を完了しました。



    Back

    【 IS-LM分析に関連した計算をします。その2 】のアンケート記入欄
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信