協業プログラムa...労働生産性向上日報01-016    実行数: 14

農作業や清掃業など、見かけ上は単純作業の生産性向上を計るための日報プログラム。作成者:ホアンアン合同会社(西山)
制作日:2020年5月13日 (更新版)

各作業工程別に数値目標管理する手法をベースに、個々の労働生産性を高めます。
ot:退勤時間
it:出勤時間
rt:休憩時間
    1. 時間
km2:目標数値
    1. m2
sm2:達成数値
    1. m2
pp:実参加人数
sks:測定工程数
    1. 工程
mys:学習用語数

wt:作業時間数
    1.  
    2. 時間
    3. 1人当たり
sam2=目標差数値
    1.  
    2. m2
tsrm2=目標達成率
    1.  
    2. %
pp=実参加人数
    1.  
sks=測定工程数
    1.  
    2. 工程
mys=学習用語数
    1.  
協業プログラムa...労働生産性向上日報01-016
労働生産性の向上には、1)労働者の教育と人選評価技術2)経済的精神的な成功報酬制度3)協業化シフトプログラムが必要です。外国人を活用する場合は、これに加えて、4)高度な外国語運用技術やツールも必要となります。また、請負業で行う場合は、5)監査役経験者など、専門家による法令遵守管理プログラムの運用も望まれます。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。 内容について当サイトは一切関知しません。
    協業プログラムa...労働生産性向上日報01-016
    [0-0] / 0件表示件数
    BACK NEXT
    メッセージは1件も登録されていません。

    BACK NEXT

    アンケートにご協力頂き有り難うございました。
    送信を完了しました。

    Back

    【 協業プログラムa...労働生産性向上日報01-016 】のアンケート記入欄
    性別
    年齢
    職業

    この計算式は

    使用目的
    ご意見・ご感想・ご要望(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (ご意見・ご感想・ご要望はこちら
    計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
    説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
    アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
    送信