電気

ライブラリ名概要
001 温度制御_習作J3 温度制御へのアプローチ
001 温度制御_習作J4 温度制御へのアプローチ
Cut Off Frequency RC Filter Calculating cut off frequency of 1st order R-C Filter
H8のSCIで誤差0%にするためのクロックを求める H8 SCIで誤差が0%になるときのクロック周波数を求めます。 CPUクロックを決定するときの参考になるかと思います。 n=0の時の計算です。
H8のSCIのBRRからボーレートを求める H8 SCIのBRRレジスタの値からボーレートを求めます。 n=0の時の計算です。
H8のSCIのBRR計算 n=0のときの計算です。 SHなんかでも使えます。
LC共振の周波数 インダクタンスL、キャパシタンスCの共振周波数を計算します。
L、Cのリアクタンス ある周波数でのインダクタンスL、キャパシタンスCのリアクタンスをそれぞれ計算します。
NTCサーミスタのB定数の算出 サーミスタのB定数をB=ln(Rb/Ra)/(1/(273.15+Tb)-1/(273.15+Ta))で計算します。
NTCサーミスタの温度特性(B定数による計算) NTCサーミスタの温度特性を R = R0 * exp (B * (1/T - 1/T0)) によって計算します。
RC回路の時定数 RC回路による時定数を計算します。
Resonance Frequency LC Filter Calculating resonance frequency of 2nd order L-C Filter
VSWRからリターンロスに変換する。 電圧定在波比(VSWR)から反射損失(リターンロス)に変換する。
[伝送量-反射量-VSWR]表 伝送量(量,dB,|係数|),反射量(量,dB,|係数|),VSWR 表
[電回_無極基準LPフィルタ]段数比較グラフ 3-12段のf特(リニア・dB)・反射(リニア・dB)・位相・群遅延
[電回_無極基準LPフィルタ]特性グラフ 指定段のf特(リニア・dB)・反射(リニア・dB)・位相・群遅延
f特グラフ[MHz]←ap,n,fp _平坦HPF ワーグナー
f特グラフ[MHz]←ap,n,fp _平坦LPF ワーグナー
f特グラフ[MHz]←素子値_HPF(T端)
f特グラフ[MHz]←素子値_HPF(π端)
f特グラフ[MHz]←素子値_LPF(T端)
f特グラフ[MHz]←素子値_LPF(π端)
トライアック制御波形の電圧(グラフ) 掲示板「トライアック…実効値」用(抵抗負荷時)
アンペアとボルトからワット計算 電流と電圧でワットを出します
サーミスタのSteinhart-Hartパラメータ算出 サーミスタの温度特性をSteinhart-Hart式 1/T = a + b*ln(R) + c*ln(R)^3 に基づいて、三点の温度・抵抗を入力するとa,b,cパラメータを算出します。
サーミスタの温度特性グラフ(Steinhart-Hart) サーミスタの温度係数を 1/T = a + b*ln(R) + c*ln(R)^3 で計算します。 (Steinhart-Hart式)
ストリップラインの特性インピーダンス ストリップラインの特性インピーダンスを計算します。 (参考文献)"Microwave Solid State Circuit Design 2nd ed.", Bahl and Bhartia, Wiley
ソレノイドコイルのインダクタンス ソレノイドコイルのインダクタンスを求めます。
マイクロストリップラインの特性インピーダンス マイクロストリップラインの特性インピーダンスを計算します。 (参考文献)"Microwave Solid State Circuit Design 2nd ed.", Bahl and Bhartia, Wiley
リターンロスからVSWRに変換する。 反射損失(リターンロス)から電圧定在波比VSWRに変換する。
リフロー後の半田ボール高さをボール半径とランド半径から求める リフローして溶融した後のはんだボールの高さ[H]を求めます。 必要な情報  ・材料メーカーから購入したはんだボールの半径[R]  ・ボールを搭載するランド(はんだボールが載る円型部分)の半径[r] 球の体積および、球の一部が欠損している形状の体積は、すでに公式として知られています。 この二つの公式を解いて、あるはんだボールをプリント基板や半導体パッケージのランドでリフローした時の高さを計算します。 解はr=0が特異点で、その場合のRは初期値のままです。
ループアンテナの巻き数Tを求める ループアンテナの巻き数を求めます。 minf=受信する最低周波数(単位kHz)、VCmax=バリコンの最大容量(単位PF)、msq=ループアンテナの大きさ(単位平方メートル)で入れることでアンテナの巻き数を計算出来ます。 答えは巻き数(ターン)で出てきます。 ただしスパイダーコイルや巻き径が放射線状に変わるコイルは計算出来ません。
回路定数_波状・平坦_基準化LPF
回路定数_平坦_基準化LPF
雑音指数(NF)[dB] ⇔ 雑音温度(Te)[K] 雑音指数[dB] と 雑音温度[K] を変換します。
四端子定数から影像パラメータを計算する F-マトリクスから影像インピーダンスZ01、Z02と伝達定数θを求める。
周波数、リアクタンスからL値、C値 周波数、リアクタンスの絶対値に対応するインダクタンスL、キャパシタンスCをそれぞれ計算します。
素子値_波状・平坦_基準化LPF
素子値_平坦_基準化LPF
素子値←fp,ap,n_波状HPF Zin=Zout=R,実周波数
素子値←fp,ap,n_波状LPF Zin=Zout=R,実周波数
素子値←fp,ap,n_平坦HPF ワーグナー
素子値←fp,ap,n_平坦LPF ワーグナー
段数_波状・平坦_基準化LPF
段数_平坦_基準化LPF
段数←fp,fa,ap,aa_平坦HPF ワーグナー
段数←fp,fa,ap,aa_平坦LPF ワーグナー
段数←fp,fc,ap,aa_平坦BPF ワーグナー
長岡係数の計算(R=コイル半径, L=コイル長さ)
抵抗のY-Δ変換 y-Δ変換
抵抗のΔ-Y変換 A= (a*c)/(a+b+c); B= (a*b)/(a+b+c); C= (b*c)/(a+b+c);
抵抗の色 抵抗のカラーバーを計算します
抵抗の分圧計算 入力電圧とR1、R2の抵抗値を指定することで出力電圧を計算します。
電解コンデンサーの推定寿命 電解コンデンサーの推定寿命時間の計算式です。 コンデンサーメーカーによって式の定義が異なりますが、一応、某大手電解コンデンサーの資料から抜粋させて頂きました。
電流密度と導電率から電場強度を計算します 電流密度と導電率から電場強度を計算する
電力の単位を換算します。 dBm⇔mW 電力換算 (dBm⇔mW)
動作伝送係数_波状・平坦_基準化LPF
動作伝送係数_平坦_基準化LPF
標準ゲインホーンアンテナのアンテナゲイン 導波管入力標準ゲインホーンアンテナ(ピラミダルホーン)のアンテナゲイン(dBi単位)を計算します。 (参考文献) "Antenna Theory analysis and design 2nd ed." ,C.A.Balanis, Wiley
表皮厚み(導電率入力) 導体の表皮厚みの計算