天文

ライブラリ名概要
LST2UTC LST(地方恒星時)をUTCに変換
UTC2LST UTCをLST(地方恒星時)に変換
n等星はx等星の何倍の明るさ?
n等星を観測するのに必要な望遠鏡の口径 n等星の星を見るには何mmの望遠鏡が必要なのかを計算します。望遠鏡選びに重要な口径の参考にしてください。
カメラ〜カメラ視野角計算(35mm判 対角) カメラの画角 or 焦点距離計算をします。 35mm判で計算しています。
カメラ〜カメラ視野角計算(素子サイズ/縦横比から) カメラの画角、焦点距離計算
カメラ〜被写体の焦点距離計算(35mm判 対角) 被写体の大きさからカメラ焦点距離を計算 35mm判で計算しています。
ケプラー方程式の解
ユリウス日 時分秒までユリウス日を計算
レンズのエアリーディスクサイズ レンズの口径、焦点距離に対する像面でのエアリーディスクサイズを計算します。
ロケットの位置と観測点からの方向と仰角 ロケット軌道上のある点の観測点から見た方位と仰角を計算します。
ΔTを計算で求める 地球自転速度の補正値(ΔT)を計算で求める
宇宙人がいる星がどれくらいあるか?(ドレイク方程式) 宇宙人がいる星がいくつあるか?というドレイク方程式を計算します。
簡易月齢正中計算2 表を利用した簡易的に月齢を求めます。(4方式)
軌道長半径⇒公転周期換算 軌道長半径を公転周期に換算します。惑星・小惑星などの太陽系天体の公転周期の計算に便利です。
月面マスドライバーで必要とする太陽光発電の面積 月面マスドライバーで必要となる太陽光発電の面積を計算します。 月の脱出速度(月の重力を振り切る速度)は 2378 [m/s]。 この速度まで 1 トンを加速するのに必要なエネルギーは、 1000 * 2378^2 / 2 = 2827442000 [J] です。 地球の公転軌道上においての太陽光のエネルギーは、 太陽定数として知られている 1366 [W/m^2] より、年間のエネルギーは 1366 * (60*60*24*365.2422) = 43106761025.28 [J/m^2] となります。 これらから太陽光発電の必要面積を求めます。
恒星の半径(参考・表面温度と光度から求める) 表面温度と絶対等級から星の半径を求めます(光度が大きくなったり、HR図で主系列星から離れた位置にあったりすると誤差が出ますので参考程度にお願いします)。
磁気偏角を求める(2000 偏角(真北と磁針の指す北との差)を求めます。求めたい地点の緯度と経度(ITRF座標系GRS80楕円体の位置座標)を入力して下さい
星を粉々にするエネルギー 星を粉々にするために必要なエネルギーを計算します。
静止軌道半径 ある質量の星の周りの静止軌道の半径を求めます。回る方の質量は回転の中心の星に比べて十分小さいことが前提です。計算結果は星の重心を中心とした半径なので地表からの距離を計算するときは適宜引き算してください。
絶対等級で距離を求める
絶対等級を求める(距離と地球から見た等級が必要)
地平線の距離と角度 水平線の距離と角度を計算します。
望遠鏡の性能を求めるVer.1.1 望遠鏡の集光力・分解能・極限等級・適正倍率を計算します。望遠鏡の口径を入力してください。