掲示板

掲示板は、会員同士で情報や意見を交換できるスペースです。参加者相互の意見と人格を尊重し良識ある投稿・返信をお願いします。
新規投稿
2つ以上の放射性元素の減衰状況の計算
WT さん2016-03-22 06:47:37
放射性元素が複数あった場合の計算はどのように計算すれば良いでしょうか? セシウム134と137、計算上だいたい3年で初期値の半分くらいになると報道されていました。半減期の計算式では3年目にはセシウム134は36.5、セシウム137は93.3となります。1対1の構成割合でしたので足して2で割ると50くらいになると思っていましたが、この計算だと64.9となりました。 (二本松在住です)

Re: 2つ以上の放射性元素の減衰状況の計算  
tonchinkan さん 2016-05-13 17:35:12
半分くらいになるのは放射性元素の量ではなく、放射線の強さだと思います。崩壊する際に放出するエネルギと崩壊する速度の違いから、Cs134はCs137の約2.7倍の放射線高度になります。各放射性元素の量にこの強度を重みとして掛けて平均をとる必要があります。