使い方

グラフ(β版)では、Excelのデータやライブラリやフリー計算の実行結果をもとに簡単にグラフを作成することが可能です。

主な流れ
1.グラフの種類
出力したいグラフの大分類を指定します。
2.グラフの形式
出力したいグラフの小分類を指定します。出力したいグラフと似たグラフのサンプルを取り込みこむことで簡単にグラフを作成することができます。
3.グラフの設定
3-1.グラフデータ
テーブル上で直接入力や編集が可能ですが、Excelのデータやライブラリ、フリー計算の計算結果をコピーして使用することも可能です。
[Excelのデータやライブラリ、フリー計算の結果データをのコピー]
セル範囲を選択して Ctrl+C 。(Macの場合はcommand+C)
[貼り付け]
貼り付けるセルを選択して、 Ctrl+V 。(Macの場合はcommand+V)
[テーブル操作]
マウスの右ボタンをクリックすることで行・列操作が可能です。(Macの場合はCtrl+マウス左ボタンをクリック)
3-2.グラフオプション
グラフの種類により異なります。詳細な説明は割愛します。
4.グラフの出力例
4-1.出力したいグラフの種類を決めます。棒グラフを選択することにします。
4-2.出力したいグラフの形式を決め、サンプルを取り込みます。
4-3.設定画面が表示されます。
4-4.エクセルを表示し、セルのデータ領域をコピーします。
4-5.データ領域に貼り付けてから「描画」
4-6.設定を変更
・グラフタイトル名を変更 → 「支店別の売り上げ高」
・棒の形状 → 「円形」
・積み重ね → 「する」
・グラフ前景色 → 1 を「FF5CC3」に変更。2 を「6B75FF」に変更
 
4-7.画像を取り込む方法
ブラウザによって名称が多少異なりますが、
画像を右クリックしてから
IEFirefox,Chrome
画像をコピーする方法コピー画像をコピー
画像を保存する方法名前を付けて画像を保存
(IEのケース)