緩衝液のpH変化(弱酸+強塩基) 実行数:130

緩衝液のpH変化(弱酸+強塩基)

弱酸AH(初期濃度Ca)と強塩基との塩ANa(初期濃度Cb)からなる緩衝液に強酸や強塩基を滴下しpHを求めます。
体積変化を無視する時は、滴下する強酸や強塩基を100mol/Lなど非現実的な値にできます。
数値解(小数点以下10桁まで精確)と近似解を求めています。
AHの酸性がpKa=7よりはるかに強い/弱いか、緩衝液が希薄か、または緩衝能力を超えた時、近似解は数値解と大きくずれます。
酸解離度定数 pKa
弱酸AHの初期濃度
mol/L
弱酸の塩ANaの初期濃度
mol/L
緩衝液の体積
mL
滴下する
の濃度mol/L
一度に滴下する体積
mL
繰返回数
 
計算の詳細
強酸を添加した分だけ酸濃度Caが増えて塩濃度Cbが減ったとみなす。
強塩基を添加した分だけ塩濃度Cbが増えて酸濃度Caが減ったとみなす。

●近似解
Cbは完全に電離。
Caは電離しない。

平衡:10^(-pKa)=[A-][H+]/[AH]
10^(-pKa)=Cb[H+]/Ca
[H+]=10^(-pKa)(Ca/Cb)
pH=pKa+log(Cb/Ca)

●数値解
Cbは完全に電離。
Caのうちaの割合で電離したとする。

平衡:10^(-pKa)=[A-][H+]/[AH]
10^(-pKa)=(Cb+aCa)[H+]/(1-a)Ca
電荷収支:[H+]+[Na+]=[OH-]+[A-]
[H+]+Cb=Kw/[H+]+Cb+aCa
[H+]-Kw/[H+]=aCa
Ca-[H+]+Kw/[H+]=(1-a)Ca
あわせると
10^(-pKa)=(Cb+[H+]-Kw/[H+])[H+]/(Ca-[H+]+Kw/[H+])
10^(-pKa)=(Cb[H+]+[H+]2-Kw)[H+]/(Ca[H+]-[H+]2+Kw)
0=(Cb[H+]+[H+]2-Kw)[H+]-10^(-pKa)(Ca[H+]-[H+]2+Kw)
0=x^3+x^2(Cb+10^(-pKa))+x(-Kw-10^(-pKa)Ca)-10^(-pKa)Kw
となる。
以下ニュートン法。xの変化がxの絶対値の10^(-10)倍未満になった時点で打ち切っている。

緩衝が崩れた時について
C=Ca+Cb
余計な強酸の濃度をC'とする
電荷収支:[H+]=[OH-]+[A-]+[Cl-]
[H+]=Kw/[H+]+aC+C'
a=([H+]-Kw/[H+]-C')/C

10^(-pKa)=[A-][H+]/[AH]
10^(-pKa)=a[H+]/(1-a)
10^(-pKa)(1-a)=a[H+]

10^(-pKa)=a([H+]+10^(-pKa))
a=10^(-pKa)/([H+]+10^(-pKa))=([H+]-Kw/[H+]-C')/C
10^(-pKa)C=([H+]-Kw/[H+]-C')([H+]+10^(-pKa))
10^(-pKa)C[H+]=([H+]2-Kw-C'[H+])([H+]+10^(-pKa))
0=x^3+x^2(10^(-pKa)-C')+x(-10^(-pKa)C-10^(-pKa)C'-Kw)-10^(-pKa)Kw
C+C'=Ca
-C'=Cb
と置き換えれば良いので、特別な対処は用いない。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。内容について当サイトは一切責任を負いません。

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 緩衝液のpH変化(弱酸+強塩基) 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信