薬物濃度推定_2    実行数: 151

体内の薬物濃度を推定する計算です。定常状態におけるピーク濃度・トラフ濃度を推定します。(徐放性製剤)

Giusti-Hayton法による投与補正係数を計算に組み込んでおり、腎機能低下および腎排泄率の影響を加味しています。

数値を入力する際には下記の点を注意してください。
1.尿中排泄率は割合表示です。%⇒割合に変換して入力してください。 例)80%⇒0.80
2.eGFRは個々の体表面積に合わせた値で入力してください。
3.テオフィリン製剤の濃度推定の際に該当する薬剤がある場合、テオフィリンクリアランス補正から薬剤を選択してください。
半減期
h
尿中排泄率
eGFR
mL/min
バイオアベラビリティ
%
分子量比
投与量
mg
分布容積
L
体重
kg
Tmax
h
投与間隔
h
テオフィリンクリアランス補正
 
Css(peak)
 
µg/mL
 
ng/mL
Css(trough)
 
µg/mL
 
ng/mL
腎機能補正Css(peak)
 
µg/mL
 
ng/mL
腎機能補正Css(trough)
 
µg/mL
 
ng/mL
腎排泄型薬剤で且つeGFRが低値の場合にのみ補正結果を用いてください。
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。内容について当サイトは一切責任を負いません。

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 薬物濃度推定_2 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信