貿易の達人:No.158..船費船便単価分解コンテナ選択版R 実行数:38

貿易の達人:No.150.の改良版です。コンテナ時の各チャージを入力できるようになりました。No.150では、運賃以外のチャージを混載とほぼ同じ額とみなして計算していました。輸入原価計算の方法:コンテナと混載便比較自動計算に対応しています。よりコストの安い方を選択して表示します。

1.三種混合輸送:船便と航空便とその中間便対応2.納期別リスクレート計算3.重量と容積選択4.関税消費税含む計算5.コンテナか混載かの選択:合計5種類の機能付きの自動計算機です。今回は、検算用に各計算段階の項目を追加しました。
cm
cm
cm
重量
kg
コンテナ船単1:コンテナ運賃
ドルコンテナ1本の外貨運賃
コンテナ船単2:THC
TARMINAL HANDLING CHARGE
コンテナ船単3:ドレイチャージ
ドレー配送料
船単1:混載運賃
船便単価1
船単2:混載CFSチャージ
船単3:混載THC
船費1:輸入通関料/共通
船便経費1
船費2:輸入取扱料/共通
船費3:書類作成料/共通
船費4:D/O FEE/共通
RATE
RATE
船費5:その他/共通
単価外貨
外貨
危険率1
%
納期
危険率2
%
空便単価
船便数
空便数
関税
%
中便単価
中便数
空便経費
中便経費
消費税2
%
消費税
%
 
1.単重量2:容積と実重量後の採用重量
 
kg
2.輸入単価原価:3種混合輸送:関税込み消費税込み単価
 
=7 x 1.08
3.船便単価:船単1〜3計/1000*単重量2
 
4.船便経費:船費1〜5計/船便数
 
5.円貨単価:単価外貨xRATE
 
6.コンテナ時船便単価/kg
 
7.消費税抜き輸入単価原価
 
=3+4+5の合計
8.混載便船便単価/kg
 
:コンテナ便の船便単価/kgと比較
不要な機能については、原則「0」にすることで、単機能として使用することも可能です。例えば、船便のみの単価原価を知りたい場合、航空便と中間便のデータはすべて「0」にします・
本ライブラリは会員の方が作成した作品です。内容について当サイトは一切責任を負いません。

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 貿易の達人:No.158..船費船便単価分解コンテナ選択版R 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信