江戸 大工仕事で使う長さをメートル換算

江戸時代に大工仕事で使った長さをメートルに換算します。

江戸 大工仕事で使う長さをメートル換算
 
 
メートル
1尺=10/33メートルで計算しました。1尺は前腕の長さ、1間=6尺はおおよその人の身長です。また畳の大きさは6尺×3尺ですから、江戸時代の長さの単位は生活に密着していて使いやすかった面もあります。「1寸の虫にも5分の魂」を「3cmの虫にも1.5cmの魂」と言うのはいただけません。
着物の仕立てで用いる鯨尺(くじらじゃく)と区別して曲尺(かねじゃく)と言うことが有ります。

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 江戸 大工仕事で使う長さをメートル換算 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信