江戸 体重・身長・足の大きさを換算

江戸時代の身体の大きさを現代の単位に換算します。

江戸 体重・身長・足の大きさを換算
身長
体重
足の大きさ
 
身長
 
センチメートル
体重
 
キログラム
足の大きさ
 
センチメートル
江戸時代の庶民が体の大きさを表すにはいろいろな知恵が有りました。
●身長
尺=10寸=1000/33センチメートルで計算しました。
長さの単位である尺は、手を広げたときの親指の先から中指の先までの長さを1尺としていました。SI単位より短かったようです。
●体重
1貫=3.75キログラムで計算しました。
重さの単位である貫は、一文銭の目方を文目(もんめ)と呼び、1000匁を1貫と決めていました。
●足のサイズ
1文=2.4センチメートルで計算しました。
足の大きさを表す文(もん)は一文銭の大きさだそうです。

どれも身近な物で単位を決めていたみたいですね。

アンケートにご協力頂き有り難うございました。
送信を完了しました。

Back

【 江戸 体重・身長・足の大きさを換算 】のアンケート記入欄
性別
年齢
20歳未満 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳以上
職業
小・中学生 高校・専門・大学生・大学院生 主婦 会社員・公務員 自営業 エンジニア 教師・研究員 その他
この計算式は
非常に役に立った 役に立った 少し役に立った 役に立たなかった
使用目的
ご意見・ご感想(バグ報告はこちら) バグに関する報告 (アンケートはこちら
計算バグ(入力値と間違ってる結果、正しい結果、参考資料など)
説明バグ(間違ってる説明文と正しい説明文など)
アンケートは下記にお客様の声として掲載させていただくことがあります。
送信